マンスリーマンションは初期費用が不要!引越しも不要!


敷金や礼金などが必要ないケースがある

賃貸物件を利用するとき、毎月の賃料や共益費以外に敷金や礼金が必要になるときがあります。敷金だと数箇月分必要になるので、最初の月は賃料の半年分ぐらいは用意しておかないと借りられないかも知れません。一人暮らしにあこがれていたりちょっと試しに賃貸を利用したいと思っても、初期費用があまりかかると簡単には利用できないでしょう。そこで利用したいのがマンスリーマンションで、基本的には利用日数に応じた利用料金だけで利用ができます。物件にもよりますが敷金や礼金が必要ないケースが多いので、1箇月だけ住んでみたいときも1箇月分の賃料だけで利用が可能です。居心地がいい時はそのまま利用し続けられますが、通常より毎月の賃料は高めなので注意が必要でしょう。

引越し作業はほとんど不要

賃貸物件を利用するときは住むために必要な道具を自分で用意しないといけません。部屋は利用できるものの通常は空間しか用意されていないので、家具や家電を持ち込む必要があります。自宅のものを引越し業者に運んでもらったり、新たに購入するなど結構費用がかかるでしょう。マンスリーマンションは家具や家電が付いている物件が多く、生活に必要な設備はほぼそろっています。食器なども最低限分はあるので、用意するとすれば着替えや消耗日用品ぐらいになるでしょう。多くても段ボール数箱程度、もっと簡単ならボストンバッグ一つで簡単に住める状態になります。備え付けの家具や家電を壊したりすると修理費用がかかるので、注意しながら使うようにしましょう。

マンスリーマンションは、月単位で部屋を契約することができ、ホテルに長期間滞在するよりも費用を抑えられます。