長く続ける仕事に就くにはここがポイント!広告から面接まで的確に見極めよう!


仕事選びでの注意点について

新卒であれ中途であれ、就職活動は限られた時間の中で理想の職場を探すことになります。確実に就業するにはある程度の妥協も必要になりますが、仕事に就いてから待遇が悪いなどの理由で離職してしまうこともあるので安易な即決は厳禁です。長く続ける仕事に就くためには雇用者側の姿勢を見極めることが重要になります。仕事に就く方法として求人広告を見て応募するケースが一般的です。雇用者側は人員不足を解消するために求人広告を出すので、確実に人員を得るために広告の内容を誇張していることがあります。また、稀に虚偽の記載をしているケースもありますが、就職活動をしている側は真偽の確認は困難です。そのため、同業他社の求人広告と比較して不自然な部分を確認するなどの工夫が必要になります。

雇用者の良し悪しは面接の場で判別出来る

面接は雇用者が求職者の良し悪しを見極める場です。そのため、慎重に慎重を重ねて人材選びを行うのが普通ですが、企業や団体によってはその場で採用を決めたり、そもそも面接すら行わないケースもあります。長く働いてくれる有能な人材を見極める場である面接をおざなりにする所はトラブルが頻発するブラック企業の疑いがあるので避けるのが賢明です。待遇の良さを謳っていても実状は大きく異なることも珍しくないので注意します。面接は求職者が雇用者の側を観察する場でもあるので、担当者の言動に気を配るのが良し悪しを判断するための材料になります。また、集団面接など特殊な事情を除き、面接場所を自社の敷地内で行わない所も就業候補からは外すのが無難と言えます。これは求職者に見られると都合が悪い問題を抱えている可能性があるためです。

経験や実績や知識を活かした職業に就きたい、収入をアップさせてワンランク上の豊かな生活を送りたい、資格や免許が活かせる職種を見つけたいなどの希望や願望を叶えるための方法として、仕事探しがあります