期間工として働きたい!電話での面接はどのように行われているのか


電話面接での採用は派遣会社が行う

期間工を募集している会社の中には、面接を電話で行っているところもあります。電話面接での採用は派遣会社に委託されており、採用が決まるまでは派遣先とやり取りすることはありません。派遣会社の求人に応募すると、履歴書の送付に関してメールが送られてきます。履歴書は郵送だけでなく、FAXで受け付けている会社もあって便利です。派遣会社で履歴書の確認が終わり次第、電話面接を行う日時もメールで教えてもらえます。

電話面接は簡単な質疑応答がメイン

特に変更がなければ、メールで指定された日時に派遣会社から電話がかかってきます。面接で必ず聞かれるのは職歴をはじめ、健康状態や自家用車持ち込みの有無などです。期間工の経験がある場合は、どの工程をやったことがあるのかも聞かれます。身長や体重などの身体的特徴、健康診断をいつ受けたのかもほぼ聞かれる項目です。簡単な質疑応答がメインで、答えるのが難しい内容はほとんどありません。派遣会社によっては作業着や靴のサイズ、緊急連絡先の確認も行われます。

赴任時についての説明がある

面接の質疑応答に問題がなければ採用となり、続いて赴任時についての説明があります。住民票や年金手帳といった持参する物を教えてもらえるので、忘れないようにメモしておきましょう。遠方から引っ越す場合は赴任費用を負担してくれる派遣会社も多いです。期間工として働く場合は会社の寮に入ることになります。どの寮になるかは入社直前に決まる会社が多いため、荷物の準備は余裕をもって行いましょう。

期間工(期間従業員)とは、予め働く期間が決まっている契約社員のことをいい、工場生産が活発になる時期などに募集が増加します。業務内容は製造ラインでの単純作業が主体のため、未経験者でも勤務が可能です。