トラックドライバーのお仕事は?求人の選び方も紹介


トラックドライバーの仕事内容は?

トラックドライバーの基本的な仕事は、依頼された荷物を指定された日時に指定された場所に運搬するというものになります。

一般的に長距離を移動することが多く、トラック内で睡眠や仮眠を取りながら日をまたいで荷物を運搬することも少なくないとされています。また荷物を運搬した先で新たに荷物を受け取って運搬するケースもあり、体力と経験が必要となる仕事です。

トラックドライバーは運搬業を営んでいる企業や業者に雇用されて仕事をしていることがほとんどで、中には自営でトラックドライバーをしている人もいます。基本的にはドライバーは1人で行動するため、人間関係のわずらわしさがないところが特徴の一つです。

どんな免許が必要になるのか

トラックドライバーに必要な運転免許は、どのようなトラックを運転するのかで異なります。

例えば大型トラックであれば大型自動車免許が必要になりますし、中型であれば中型自動車免許、小型や軽貨物であれば一般的な普通自動車免許で問題ありません。このようにトラックの大きさによって必要な免許が異なってくるため、就職する企業や業者がどの程度のトラックを持っているのか確認しておくことが大切です。

ちなみにトラックだけではなくトレーラーを運転する必要がある場合は、大型のほかにけん引免許も必要となります。

トラックドライバーの求人の選び方

求人を選ぶ場合にはまず自分の持っている免許で仕事ができるのかどうか、業務エリアがどのようになっているのかを確認しておきます。その上で給与面や福利厚生面がしっかりしているのかどうか、未経験であれば研修制度があるのかどうか、女性の場合は女性が働きやすい配慮をしてくれているのかを確認することがおすすめです。

トラックドライバーの求人には、長距離、中距離、短距離などの部類があり、自分の体力などを考慮して選べば良いです。