後で後悔しないために!工場の求人はこうやってチェックしよう


自分が通いやすい通勤方法で通える場所を選ぼう

自宅から会社までの通勤方法をどうするかによって選ぶ工場も大きく変わってきます。例えば普段バイクに乗っている人はバイクで通える方が便利ですが、通勤時の労災を考慮してマイカーやバイクでの通勤を禁止しているところもあります。求人広告を見て分からない場合は事前に確認すると良いでしょう。もしバイクなどでの通勤が可能であれば駐車する場所が工場内にあるかの確認も忘れずにおこなってください。電車での通勤を希望する場合は駅から近い方が便利なので駅から出来るだけ近くにある工場に絞って求人情報をチェックしましょう。

仕事内容を確認しよう

求人広告に仕事の内容を詳しく書くと長くなるので、仕事の内容に関しては簡潔に書かれていることが多いです。しかし検品作業と書かれていても実際には本当にただ商品のチェックをするだけの仕事の場合もあれば、商品のチェックをした後でランク分けも行う場合もあります。もし詳しい仕事内容を知りたい場合は直接問い合わせてみると良いでしょう。そして工場勤務では毎日同じ作業の繰り返しになることがほとんどです。確かに一度覚えてしまえば新しく何かを覚えることもないので楽ではありますが、中には10分が1時間に感じられるような、あまりにも単純すぎる仕事もあるので、自分が耐えられるかどうか考慮することが大切です。

残業があるかどうか確認する

工場勤務の場合、繁忙期には残業を課せられることも多々あります。残業の有無も確認しておきましょう。残業込みで少しでもたくさん稼ぎたいという人は、残業が毎月定期的にある工場を選択すればよいでしょう。

イカイアウトソーシングの公式サイト